愛川町立半原小学校

すこやかブログ   
(日々更新中!)
インクルーシブ
教育(県指定研究校)
コミュニティ・
スクール
   

防災警報時の登下校
PTA活動
リンク集
連絡メール2
登録







学校紹介



 校長あいさつ

昨年度に引き続き、校長を務めます芦澤治と申します。昨年度同様にどうぞよろしくお願いいたします。

半原小は、「心豊かにすこやかに」の学校教育目標のもと、子どもたちが創り上げる笑顔あふれる学校生活のため、教職員一丸となって教育活動を

進めております。

※詳しい教育活動につきましては、トップページから「学校グランドデザイン」をご覧ください。

さて、今年度も引き続き新学習指導要領の全面実施に伴い、愛川町の全小・中学校がコミュニティ・スクールの研究校となっています。「コミュニティ・

スクール」とは学校の応援団:「学校運営協議会」を設置している学校の事ですが、わかりやすく言うと学校と地域が今まで以上に連携を深め、

WIN-WIN の関係づくりを築いていくことです。

すでに半原小は、地域社会と学校が連携して様々な行事が行われていますが、それをさらに発展させる形を目指していきます。

10年先の地域社会を考えながら、今学校に通っている子どもたちがやがては地域社会の核として活動してくれることを期待しての取組となります。

半原小の保護者や地域の皆さん、どうぞ手を取り合って、大切な子どもたちを育てていきましょう。どうぞご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたし

ます。                                                 校長 芦澤 治

 学校概要

 半原小学校区は、丹沢大山国定公園の北東側、愛川町の北西部にあり南は仏果山(747m)、北は志田山(340m)等の山にかこまれ、小さな盆地をなしています。

 中津渓谷は、新緑、盛夏、紅葉の季節、観光地として知られてきました。
 江戸時代末期までは、農業中心で生活していた住民が台地に集まり集落を形成していました。
 その後中津川の清流を動力としてのより糸をはじめたので河畔近くに移動し、糸の町として発達したところであります。

 県名景100選に選ばれた中津渓谷は、宮ヶ瀬湖の湖底に沈み、
大規模な宮ヶ瀬ダムが建設され、今後、地域の資源として発達が期待されています。

 国道412号線に半原バイパスが開通するに及び、台地がみなおされ公共施設として
 県立愛川ふれあいの村
 県警グランド
 農協グランド
 レインボープラザ
 ラビンプラザ(半原公民館)等ができるとともに
住宅地としても開発が進んでいます。

 本校は明治6年に創設され、豊かな自然の中で、公害や騒音に悩まされることのない理想的な教育環境にあると思います。




 校歌
 昭和46(1971)年3月7日 制定
丘 灯至夫 作詞
古関 裕而 作曲
 1 相模の空に 胸張れ
  心に花と 太陽を
  抱いて 半原小学生
  めざす 未来へ 羽ばたこう

 2 希望の塔を 指さそう
  ゆるがぬ山は 志田仏果
  仰ぐ 半原小学生
  強く やさしく 美しく


 3 こころの鏡 中津川
  はつらつ おどる(躍る)
  若あゆの
  姿 半原小学生
  笑顔 明るく 手を とろう


 校章

 梅の花に双葉をあしらい、その中に「半小」の校名を入れ
校章としたものです。
 梅の花は学問の神(天神さま)にあやかり学問を修めるようにとの願いを表し双葉はすくすくと成長し必ず本葉を出して実を結ぶことから健康で伸び伸びとした子どもにとの意がこめられています。



 学校の沿革  〔開校記念日 3月7日〕



 半原小の歴史

han-01-640mp4.mp4

クリックしてください。
動画を見ることができます。



古写真で見る愛川の歴史
半原小学校 明治から平成 第一部・第二部


 参考資料 愛川町郷土誌
  愛川町の近代遺産
  あいかわの地名「半原地区」
  半原小学校 「昭和の沿革」ほか
  愛川町教育委員会
  新井純夫氏
  守谷長年氏
 校閲 小島宗二氏
 写真 修復 編集 小島秀也氏 
  

パソコンセキュリティーの関係で、コンテンツが保護されて開けない場合は、
『許可』をお選びください。

個人情報保護のため、原作から一部修正しております。
動画作成の関係で一部文字が見えないところがございます。ご了承願います。
 



Copyright  c.2015  半原小学校  All Rights Reserved.